バレエにはどんな効果がある?習う前に知っておきたい関連情報を詳しく紹介

バレエは昔から根強い人気のある習い事ですが、具体的にはどのような効果が得られるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
体をバランスよく動かすことで身体能力が高まることも期待できますし、言葉ではなく体の動きで表現するので表現力を養う効果も得られます。
大人の場合でも姿勢改善やダイエット、運動不足の解消などにも役立ちます。
美しい身のこなしも身に付きます。
子供にはもちろん、大人にもぴったりの習い事といえるでしょう。

バレエにはどんな効果がある?習う前に知っておきたい関連情報を詳しく紹介

子供の習い事ではバレエも根強い人気があります。
子供だけではなく、大人の習い事としても注目されています。
バレエを習う前には関連の情報も調べておきたいところです。
まず、習うからには良い効果も期待したいところです。
バレエを習う効果としては、柔軟性が高まることや姿勢が良くなるなども考えられます。
さらに、脚力や強い体感なども鍛えあげられるので身体能力の向上効果も期待できます。
このほかでは、踊り物語を表現していくので表現力が高まる効果も得られます。

バレエが子供の習い事で人気を集めている理由

バレエはスイミングやピアノと並んで子どもの習い事として人気です。
理由はいくつかありますが、まず何と言ってもレオタード姿でレッスンを受けている、発表会で衣装を着て踊っている子どもの可愛さです。
テレビ等でレッスンや発表会の様子を見て憧れて、習いたいと思う親御さんやお子さんは多いと思います。
次に、姿勢がよくなること。
いつも姿勢の良い方に理由を聞いたら、子どもの頃にバレエを習っていた、と言われて納得した経験がある方は多いのでないでしょうか。
続いて身体が柔らかくなること。
子どものうちに柔軟性の高いしなやかな身体を作っておきたいですね。
このようにバレエを習わせるメリットはいくつもありますが、バレエはお金がかかる、と思っている方はいませんか。
実は手軽に習える教室もあります。
「プロは目指さないし、子どものやる気がどれほど続くかわからないから本格的な教室でなくても十分」と思う人でも習わせやすい窓口の広さも人気の理由の一つでしょう。

子供にバレエを習わせるのは何歳からがベスト?

バレエは3歳頃から小学校低学年までに習い始めるのがベストです。
9〜12歳の間に訪れるゴールデンエイジは、運動能力が著しく発達する時期であり、この時期をうまく活用するためには、5〜8歳のプレゴールデンエイジが重要になってきます。
身体の動かし方に関与している神経系や感覚器系は、8歳頃までに大人とほぼ同レベルに達するため、この時期に運動経験を積んでおくと良いとされています。
柔軟性に関しては、筋肉や骨などの組織が大きく発達する前の3〜8歳の間に高めておくのが理想です。
バレエにおいて身体の柔軟性を保つことはとても大切です。
関節の可動域を広げることで、より大きな動きを表現できるようになります。
3歳以前の子供の場合は、楽しみながら音楽に合わせて身体を動かし、それを習慣化することで、自然と音感やリズム感が向上していきます。
また、8歳を過ぎたから遅いということではなく、やりたいと思ったときが始めどきです。
本人の意思があれば継続して取り組めます。

ルールやマナーが大切なバレエの魅力

子供に何かしらの習い事をさせたいと考えているような両親も少なくないはずですが、世の中にはいろいろな習い事が存在するので親子で一緒に話し合いながら選ぶことができます。
ルールなどがしっかりと決められているので、社会の中で生きていくときに必要となる力を小さいときから身につけることが可能です。
バレエは専門の教室に通うことで習うことになりますが、マナーについても厳しく指導を受けますから、話し方などが丁寧になる効果もあるかもしれません。
そのような点でもバレエを子供に習わせることは魅力的です。
またルールやマナーだけでなく柔軟な身体を手に入れることもできますし、踊りが上手くなるので表現力が豊かな大人に成長するかもしれません。

心身共に美しさを身につけられるバレエのメリット

子どもにバレエを習わせることのメリットは沢山あります。
バレエシューズでまっすぐ立とうと思った時、普通に生活していては使わない筋肉をたくさん使っているのです。
そのように一つ一つの振り付けやポーズを身に着けるたびに、体幹が鍛えられるのです。
基本をしっかり覚えると、背筋が伸びた美しい姿勢が身に付きます。
バレエのレッスンには柔軟体操が必要です。
これを続けることでだんだん体が柔らかくなって、ポーズが決まるだけでなく怪我がしにくい体になるというメリットもあります。
長く続けていくと演目を覚えるために、繰り返し演じることで豊かな表現力を身に着けることが出来ます。
また舞台に立つということは人に見られるということなので、小さいころからやっていると緊張感を感じなくなったり、臆病になるということも少なくなってきます。
バレエはみんなと心を一つにして行う団体行動なので、協調性を養うことが可能で、みんなで作り上げていくという達成感を味わうことが出来ます。